ファクタリングは融資よりも手軽

subpage01

企業等が事業に必要な資金を調達しようと考えて銀行に融資を申し込んでも、担保となる資産がないと審査に通るのはなかなか困難です。また、無担保のビジネスローンも過去の事業実績次第では、利用できないことがあります。

そんな中、融資を受けられるほど信用能力が高くない企業等でも資金調達ができる手法として注目を集めているのが、ファクタリングです。売掛債権を売却することで、キャッシュを手に入れることができます。
取引先との間に発生した売掛金は、通常は支払期限が到来しないと入金されません。そのため、企業等によっては帳簿上は黒字なのに資金がショートしてしまうといった事態も起こります。
この問題を解決してくれるのが、ファクタリングです。
ファクタリングでは、保有している売掛債権を専門の事業者に売却し、その代金を得ます。
利用には手数料が必要であり、その分を差し引いた額が入金されますが、支払期限が数週間先、場合によっては数か月先のものであっても売却が可能です。

ファクタリングの最新情報が揃っています。

つまり売掛先から入金がなくても、前倒しで支払いがあったのと同様の経済的効果が得られることになります。



ファクタリングは一種の金融サービスですが発生するのは融資ではなく売買であるため、担保や保証人は必要とされません。

もちろん、利息の返済も不要です。
利用には審査がありますが、売掛先の支払い能力がもっぱら重視されるため、利用する側の事業実績が乏しくても利用できるチャンスがあります。