事業資金に活用できるファクタリング

subpage01

会社経営を始める人や店舗をオープンさせたい人など、それぞれ開業資金が必要不可欠です。

貸し事務所を利用して会社経営を始める場合には、家賃の数か月分の保証料や前家賃、保証金などのお金が必要になりますし、お店を借りる場合も同じことがいえます。

開業資金は事業資金に含まれるお金で、他にも設備資金や運転資金などのお金も事業資金に含まれます。事業資金は会社を立ち上げるもしくはお店をオープンするときだけでなく、会社経営やお店を継続するために欠かせないお金の総称です。

ファクタリングについて調べるなら、こちらをご覧ください。

運転資金は会社を存続するために必要なもので、開業資金や設備資金は1度だけのコストになる反面、運転資金は常に必要なお金などの特徴を持ちます。
そのため、事業資金=運転資金などのようなイメージを持つ人が多いのではないでしょうか。



貸し事務所の家賃・人件費・光熱費・仕入れ金などはすべてが運転資金に含まれるお金で、事業資金の中心になるものです。


一派的に、売上は売掛金といった形で1か月後や数か月後に入金されるものですがファクタリングは、この売掛金の権利をファクタリングサービスを行っている会社に譲渡し、そこから手数料を差し引いた金額の現金を先に受け取ることができる仕組みです。



支払いの前に売掛金の入金になるように資金計画を立てることが借金経営を回避する秘訣に繋がりますが、タイミングが合わないときなど資金を借入して支払いを行う必要も出て来ます。

銀行の融資などは、時間がある程度かかるので、短時間で借入可能なビジネスローンを使うシーンもあるかと思われますがファクタリングの場合も即日現金化が可能なところが多くあるので資金で困ったときの選択肢として覚えておくと良いでしょう。